FC2ブログ

DB BR181.2 (Roco 23416)

今回は、西ドイツ国鉄の2電源対応機、BR181.2を紹介します。
BR181.2は1974年に登場し、西ドイツの他、フランスとルクセンブルクに直通するため、交流15000V 16 2/3Hzと交流25000V 50Hzに対応した機関車で、出力3300Kw・最高速度は160Km/hです。
Intercityの牽引の他、普通列車や貨物列車の牽引にも活躍しています。

模型はRoco製で、濃紺色が車番違いで2種類の他タルキスブルーも発売されました。いずれも西ドイツ国鉄仕様です。
ちなみにRocoは既にSpurNからは撤退しており、金型を引き継いだFleischmannからはDBAG仕様が発売されています。
模型の出来については、手堅い仕上がりになっており良い出来だと思います。
IMG_1409.jpg

濃紺の車体に銀色の大きいエアフィルターが良いアクセントになっています。
パンタグラフは、標準装備の物がアームが太く不格好だったため、手持ちのアームの細いタイプに交換しました。
IMG_1410.jpg

同時期に製造されたBR111に良く似た前面ですが、BR111よりは少々スマートな印象を受けます。
IMG_1413.jpg

BR103等の花形機と比べると、どうしても地味な印象のBR181ですが、登場以来多くの優等列車の先頭に立ち、Ep.4では欠かせない機関車です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 はじめまして、私は山梨県在住、日本型鉄道模型4500両と、外国型鉄道模型150両を所有する模型歴40年の「oityan」と申します。どうぞよろしく、
Rocoの機関車は、私のところではBR112,181,101と先日都内某店で購入したOBBのRh1044があります。Rocoの機関車のモーターは、かつての永大が同じ物を使用していたのをご存知ですか?これ、実は私の知人(高校の先輩)が永大ナインの設計に携わっており、その方が言うには、「自社でモーターを開発できないからRocoのを大量に購入して使用した」とのことです。私の所有する永大のEF65PFがBR181と同じモーターで、目を閉じて走らせるとまったく同じ音がします。    FLEISCHMANNに引き継がれても同じモーターの場合があるようでBR181やRh1044は、そのままでした。実機はかなり地味な存在ですが模型は「インターシティー」もいいし、「コラーユ」を牽いたっておかしくありません。私のところでは貨物列車も牽いています。大切になさるといいですね。

Re: No title

はじめまして。よろしくお願いします。
永大、懐かしいですね。私は永大の車両は所有しておりませんでしたが、Rocoと同じモーターなのですね。
BR181、確かに地味な存在ですが、ドイツスタイルの機関車なのにフランス機と同じ音の警笛が出るところが好きですね。
プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR