FC2ブログ

DBAG BR103.1 (FLEISCHMANN 7375)

また103形の紹介になりますが、今回は赤裾車のDBAG仕様になります。
連邦鉄道末期にOrientrotカラーへの塗り替えが始まった103形ですが、相当数の車両はTEEカラーのままDBAGへ引き継がれ、ロゴのみDBAGの新ロゴへ取り換えられました。

模型はFLEISCHMANNの1996年~2003年ロットで、機番は116号機になります。
ドイツのオークションサイトで新品を安く落札できました。
ライトリムと側開戸の下部手摺りは、現行の物に合わせるためにシルバーで色挿ししました。
IMG_1973.jpg

実車では、黒裾車に比べると人気の落ちる赤裾車ですが、個人的には好きです。
動力ユニットは、フライホイール化されていますが、DCC化準備用の切欠き等はありません。
基板も古いタイプのアナログ専用になります。
IMG_1974.jpg

余談ですが、限定品を除くFLEISCHMANNの103形ショートキャブ車の通常品では、何故か赤裾車のほうが充実していて、今回の116号機の他品番7376の150号機・155号機(共に連邦鉄道仕様)の3種類があります。
対して黒裾車は品番7375の118号機と142号機(限定品としては品番7802の110号機・品番837375の163号機・品番737602の184号機がありますが)の2種類しかありません。
まだ金型が健在でしたら、是非とも黒裾ショートキャブ車のDBAG仕様も発売して欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR