FC2ブログ

DB BR151 (FLEISCHMANN 7380)

今回は、ドイツ連邦鉄道のEp.Ⅳを代表する貨物用機関車、BR151を紹介します。
この機関車は、貨物輸送の需要増加や、戦前製の重貨物機BR193やBR194の置き換えを目的に1972年に登場しました。
それまでの重貨物用機関車BR150をベースに、牽引力と高速性能の向上が図られています。
また一部の機関車は、鉱石貨車牽引用に、自動連結器が備わっています。
ドイツ連邦鉄道では、貨物列車牽引が主でしたが、客車を牽引することもあったようです。
出力は6288Kw、最高速度は120Km/hです。

模型はFLEISCHMANN製で、ケースのインナー材質から推測して1980年代のロットと思われます。
ドイツのコレクターの方の放出品で、古い模型ですが新品状態で入手しました。
一応パンタグラフは赤塗装の物へ、車輪は黒染の物へ交換してあります。
IMG_1839.jpg

FLEISCHMANNのBR151は1970年代に設計されたものですが、非常に良くできていて、現在の製品と並べても全く遜色ありません。
走行性能も非常に優秀で、スムーズに力強く走ります。
IMG_1840.jpg

BR151の置き換え対象、BR194と並べてみました。
BR194に比べると、地味で目立たないBR151ですが、Ep.Ⅳ以降のドイツ連邦鉄道には欠かせない機関車ですね。
IMG_1842.jpg

実機は、現在ではDB Cargoや民間貨物輸送会社に所属し、ドイツ、オーストリアを中心に貨物輸送で活躍しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR