FC2ブログ

DB BR18.6 (MINITRIX 16187)

今回は、ドイツの名機BR18形の最終形態であるBR18.6形を紹介します。
BR18.6形とは、以前紹介した王立バイエルン邦有鉄道S3/6の発展型で、ドイツ国鉄で製造されたBR18.5形の一部を1950年代に大規模改修を行ったものです。
当時の花形機BR01に近い性能まで引き上げられ、出力1430 kw、最高速度は120Km/hです。
さらにBR01よりも軽い軸重だったため高い評価を得ましたが、改造時に少々無理な設計を行ってしまったため、1965年までに全車引退してしまいました。

模型はMINITRIXの2016年モデルで、Ep.3のドイツ連邦鉄道仕様です。
IMG_1738.jpg

ボイラー・テンダーは金属製で、非常に重量感があります。
新規に設計されたボイラーには、ボイラーバンドへの装飾が表現されています。
キャブについても、新規に設計された物に載せ替えられています。
IMG_1740.jpg

テンダーには増炭囲い板が再現されています。
バック運転用前照灯も2灯で、LEDにより後進時のみ点灯します。
IMG_1739.jpg

残念なことにBR18.6形は、ボイラーに弱点があったために動態保存車は存在しませんが、612号機がDeutsches Dampflok Museumで静態保存されています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR