FC2ブログ

DB BR120.1 (Fleischmann 7351)

今回は、ドイツ連邦鉄道最後の電気機関車、BR120.1を紹介します。
1987年(試作車は1979年)に登場したこの機関車は、世界初のVVVFインバーターロコとして有名です。
最高速度200Km/h、出力5600Kwで、高速新線でのInterCityから貨物列車まで牽引できる汎用機として設計されましたが、主に高速運転時に不具合が多発し、一度は置き換えた103形に再び置き換えられ、高速新線での運用から外されてしまったという逸話があります。
しかし、120形の設計思想はその後受け継がれ、EuroSprinterシリーズやTRAXX等、現在のヨーロッパ圏で活躍する機関車の基礎となりました。
現在では、120形は主に在来線のInterCityやEuroNight等に使用されています。

模型はFleischmann製で、初期のOrientrotカラーの量産車を再現したものです。
直線的なボディが良く再現されています。
IMG_1404.jpg

側面は非常にアッサリとしていますね。
交流誘導電動機を採用したことにより、高速機ですが軸配置がB-Bになっています。
IMG_1405.jpg

窓デザインや灯具の配置は、従来の機関車のデザインを踏襲しています。
現在は実車は全て101形と同じVerkehrsrot塗装に変更されていますが、シンプルなデザインゆえに、最新型機関車と並んでもさほど古く感じません。
IMG_1406.jpg

80年代の古い設計の模型ですが、走行性能は非常に良好です。
また、この機関車は、Pendelzug方式に対応しているので、我が家では主にInterRegio客車を牽引しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR