FC2ブログ

LeosoundlabのTaurusサウンドを載せてみました

念願のLeosoundLab製サウンドデータの載ったTaurus用デコーダーを入手しました。
既成のES64U2形Taurusのサウンドデータは、特徴的な起動時・停止時の音階は再現されていますが、それ以上は再現されていない物しか無く、やはり不自然な走行音に満足できませんでした。
今回入手したLeosoundは、走行音全域が再現されているので、数あるTaurusのサウンドデータの中では一番良い出来かと思います。

現在Leosoundを取り扱っているのは、オーストリアのmemobaという模型店のみですが、デコーダー購入と同時にLeosoundのインストールをメールで希望すれば、サウンドデータをインストールした状態で発送してくれます。
価格はデコーダーの値段+Leosoundのインストール費用約30€+日本への送料になります。

今回は所有する機関車に合わせ、ESU Loksound4.0 M4 8pin Art.Nr64400にインストールを依頼しました。
IMG_1727.jpg

以下が搭載した状態です。
当初スピーカーはデコーダー付属の物を使用する予定でしたが、オマケでシュガーキューブスピーカーが2個もサービスされて付いてきたので、折角なのでシュガーキューブスピーカーを2個接続してあります。
付属のスピーカーに比べ、音量音質とも充分過ぎる程で、むしろ少し音量を下げる必要がありそうです。
IMG_1725.jpg

今回は走行系のCV値を弄らなくても、そのままポン付けで動きとサウンドが同調しました。
IMG_2264.jpg

テスト走行の様子です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR