FC2ブログ

PKP ST44 Gagarin (PIKO 52805)

2018年末に、PIKOより満を持してTaigatrommelがフルリニューアルされました。
今回入手したのはPKP ST44 613 Ep.Ⅳ/Ⅴ、二線式DCCサウンド仕様になります。

実車の613号機は2005年まで前面の黄色い警戒色が入っており、その後緑一色塗装に変更され、さらに更新工事を受け現在ではST44 1208号機としてPKP Cargoカラーで活躍しているようです。
従って模型は1980年代頃~2005年までの姿となります。

流石にフルリニューアルされただけに、Roco製の物よりも細かい点で良く出来ていますが、シンプルな車体ゆえに設計の古いRoco製の物と並べてもさほど違和感はありません。
Roco製のST44との比較はまた時間のある時にでもアップしたいと思います。
IMG_2310.jpg

動力ユニットは、現行のPIKOのスタンダードな物で特に目新しい点はありません。
サウンドデコーダーはESUのOEMではなくオリジナルの物のようです。
肝心のサウンドですが、これが非常に残念な出来で、アイドリング→エンジンの吹き上がりの音の繋ぎが非常に不自然です。
また走行中音が途切れてしまう現象も頻発し、今回もESU4.0サウンドデコーダーに換装する事にしました。
IMG_2311.jpg

サウンドは残念な出来ですが、車体は非常に良い出来なので、今後のバリエーション展開に期待したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR