FC2ブログ

DB Regio AG BR114 (Roco 73325)

今回は、主に旧東ドイツ地区で近郊列車牽引に使用されているBR114を紹介します。
この機関車は元東ドイツ国鉄のBR243・143の高速タイプ、BR212・112.0だったもので、保安装置の関係で速度制限を受け114形に再分類されたものです。
後に速度制限は解除され、現在では最高速度160Km/hの認可を受けているようですが、再び112.0形に戻る事は無く、現在も114形のままになっています。

模型はRocoの2016年ロット、二線式DCC Sound仕様になります。
このシリーズはRocoの自信作だけあって、非常に良い出来ですね。
特にワイパーがエッチング製で別パーツ化されたため、現在の上がった状態が定位になった姿が再現されています。
前面窓の中の行き先表示機も再現されていて、行先は「RegionalExpress・Elsterwerda」というブランデンブルク州の駅が印刷されています。
後発のPIKO製の112形のように発光はしませんが、Regio所属機には欠かせない部分ですね。
IMG_2307.jpg

実機の所属はCottbusなので、主にベルリン~ドレスデン間の周辺で使用されている機と思われます。
肝心のサウンドですが、標準装備のデコーダーでは、この機の特徴であるMMBM起動音が再現されていないので、ESU Loksound4.0に換装してあります。
PIKOの112形と同じ音が鳴るようになりましたが、MMBM起動音もバッチリ再現されています。
IMG_2308.jpg

旧西ドイツの111形との並びです。
余談ですが、所有するRoco製の111形が思いのほかSound化が難しそうなので、PIKO製の111形の購入を検討しています。
IMG_2309.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR