FC2ブログ

PKP SU45 Suka (PIKO 96304)

今回は、ポーランドを代表するディーゼル機関車、SU45を紹介します。
この機関車は1970~1976にかけて268両製造され、当初は旅客専用機としてSP45を名乗っていました。
1987年以降191両が客車用暖房装置を電気式に改造され、貨客両用のSU45に改められました。
出力1300Kw・最高速度120Km/hで、メインエンジンはFIAT、電装品はALSTOMベースになっています。
現在では電気暖房化されたSU45のみ現役で、主に旅客列車の牽引に使用されています。

模型はPIKOの2017年ロットで、Ep.V仕様の後期型を再現した物です。
アナログモデルですが、純正の専用サウンドデコーダーも発売されており、後付けで簡単にDCCサウンド化できます。
IMG_2276.jpg

軸配置はC-C、写真では判りづらいですがスポーク輪心です。
模型は263号機は、車体側面にリブの付いた後期型で、実車はポーランド中央部のBydgoszczを拠点としています。
IMG_2275.jpg

基本的にポーランド国内のみの運用ですが、例外的にドイツ・Frankfurt (Oder)まで乗り入れる近郊列車の牽引にも充当されており、現在でも短い区間ですがドイツにも乗り入れています。
過去には旧東ドイツ領内への直通も多かったようですが、資料が乏しく、詳しい事はあまりよく解りません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR