FC2ブログ

DB Regio AG BR111 (Roco 63641)

今回はEp.Ⅳの傑作機、BR111のVerkehrsrot塗装仕様を紹介します。
実車は、名機E10形をベースに1974年~1984年の間に227機製造されました。
連邦鉄道時代は主に急行列車やS-Bahn、また一部InterCityの牽引に活躍し、民営化後当初はInterRegioやS-Bahnを中心に使用されましたが、現在では高速性能を生かすために、主にRegional Expressに使用されています。

模型はRocoの2002年ロット、Ep.ⅤのVerkehrsrot塗装、二線式アナログ仕様になります。
Ebay.deで新古品が安く出ていて、DCCサウンド化も容易そうでしたので購入した次第です。
この時代のRoco製品は、緩衝用発泡スチロールとの接触で塗装がやられている個体が多いのですが、幸い今回は塗装は無事でした。
機番は38号機、菱形パンタに丸バッファ仕様です。
IMG_2249.jpg

DCC化は8pinソケットが用意されており、スピーカーは床下機器内に収めるタイプになります。
牽引する客車はまだ考えていませんが、最近期間限定で111形がS-Bahnに復帰しX-Wagenを牽引しましたので、赤いX-Wagenの購入を検討しています。
IMG_2250.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR