FC2ブログ

DR BR119 U-Boat (PIKO 59930)

【実車について】
旧東ドイツ国鉄が1976年~1985年の間に200両導入した客貨両用液体式ディーゼル機関車で、出力1800Kw(900Kw×2)、最高速度は120Km/hです。
当時、旧東ドイツ国鉄ではソ連製のBR132を導入していますが、依然として多数残る蒸気機関車の置き換えには大量のディーゼル機関車が必要で、BR132を製造するルガンスク機関車工場では生産能力が不足することから、ルーマニアのFAUR社で製造されました。
(当時東側諸国では、相互経済援助協議会の影響で、大型ディーゼル機関車はソ連とルーマニアでしか製造できなかった)
技術ベースは、1960年から東ドイツで製造された118形ディーゼル機関車を元にしていますが、故障しにくく高い信頼性を誇った118形とは対照的に、この119形は当初から故障が多く、稼働率は実に50%ほどだったそうです。
結局古い118形の部品を使用することで故障率を下げましたが、1990年代初頭にエンジンを更新し、最高速度も140Km/hに引き上げられました。
DBAGでは2006年に引退し、現在ではルーマニアとブルガリアのDB Schenker現地法人で僅かに貨物列車の牽引に使用されています。

【模型について】
模型はPIKO・EXPERTシリーズの2011年モデルで、東ドイツ国鉄Ep.Ⅳ、二線式アナログ仕様です。
非常に値段が安く、新品で100€を切る値段で購入できますが、設計に手抜きは無く実車の雰囲気を良く捉えています。
ボディと台車はプラ、下回りのグレーの部分はダイキャストですが、連結器周りが少々アッサリし過ぎています。
IMG_2163.jpg

側面から
特徴的な丸窓が並ぶ様子から、U-Boatという愛称で親しまれています。
IMG_2164.jpg

このモデルはSound仕様は発売されませんでしたが、別売のサウンドデコーダーとスピーカーを組み込み、サウンド化しています。
初めからサウンド化を前提とした設計になっているので、組み込みは比較的簡単に行うことができます。
以下サウンドテストの様子です。音量の調整が難しく、上げ過ぎるとすぐ音割れし、下げ過ぎると迫力が無くなってしまうので、音割れせずかつ迫力を失わないように、床下のスピーカー穴を3/4ほど塞いであります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りNゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR