FC2ブログ

DB Cargo AG BR232 Ludmilla (Roco 52500)

二回連続でBR232の紹介ですがご容赦ください。
今回は一番スタンダードなVerkehrsrot塗装のEp.Ⅴ仕様です。
現行のEp.Ⅵ仕様はこちらを参照。
Rocoの少し前の製品ですが、ドイツで新品が89€で投げ売りされていたので購入しました。
動力ユニット基板も一世代前の物で、電球・NEM652ソケット仕様になります。
IMG_2388.jpg

DCCサウンド化はESULoksound4.0 NEM652を使用。Plux16の現行仕様よりも基板が小さく、デコーダーやスピーカーの取り付けは現行仕様よりも余裕があります。これで我が家のESULoksound4.0の在庫は全て終了しました。
配置表記はDB Cargo AG Rostock Seehafen、北ドイツのバルト海に面した港町です。
実機の568号機は1978年製、2015年にDB Schenkeでの運用を終え永らく放置されていましたが、2018年にエストニアのSkinest Rail ASに売却された後、2019年からはポーランドのCTL Logisticsへ移籍しています。
しかし画像検索しても移籍後の写真が出てこないことから、運用に就くことなく部品取り用になっているか、まだ工場内で改造待ちしているところか、いまいち定かではありません。
IMG_2390.jpg

Ecco Rail Sp. z o.o. BR232 (Roco 52466)

今回は、ポーランドの民間貨物会社、ECCO RAIL所属のBR232を紹介します。
ECCO RAILは中欧~東欧にかけて展開する貨物輸送会社で、ポーランドではカトヴィツェ・ヴロツワフを中心に展開しています。
ポーランドでの所有車両は、DBより購入したBR231・BR232やPKPから購入したEU07・ET21・M62など、主に中古車を中心に運用していますが、国際輸送用等ではVectronなど最新型のリース車も所有しています。

模型のBR232 443号機は1976年製、東ドイツ国鉄からドイツ鉄道へ引き継がれた後2007年頃にポーランドのPCC Railへ売却、2009年からはDB Schenker Rail Polskaへ、そして2014年にECCO RAILへ売却されました。
現在ECCOで2機所有するBR232のうちの1機です。
模型はRocoの2019年ロット、DCアナログ仕様になります。
IMG_2380.jpg

基本的に金型自体は従来と同じです。
車体下部の裾部とロゴのみデジタル印刷で質感が違いますが、それほど違和感はありません。
アナログ機のため、ESU Loksound4.0 Plux16を使用しサウンド化してあります。
ESU Loksound4.0も手持ちの在庫が残り一個になってしまったので、次回からはLoksound5を使用してサウンド化することになるでしょう。
IMG_2381.jpg

PKP CargoのST44と並べてみました。
ポーランドの貨物輸送会社の機関車は様々な中古車とカラフルな塗装で、なかなか面白味があります。
IMG_2382.jpg

DB Regio AG BR219 U-Boot (PIKO 59938) Part2

先日紹介したPIKO製のBR219ですが、やはりジャンパホース無しの状態が気になったので、自作でジャンパホースを再現してみました。
製品オリジナルではダイキャストモールドでコックとホース一部が再現されているだけでしたので、省略さている残りのホースを適当なリード線で再現しました。
リード線の接着はゴム系で仮止めした後、瞬間接着剤を流し込み固定、接着剤のはみ出しを整形し再塗装。
そのまま一日しっかりと乾かしてみると、意外としっかり固定されました。
リード線内の銅線は残したままなので、任意の形に曲げることも可能です。
IMG_2963.jpg

IMG_2377.jpg
とりあえずお試しのつもりでやってみましたが、想像以上に違和感も無く良い感じになりました。
ついでに運転台横の小窓と車体の間の隙間も気になったので、同色の塗料を流し込み隙間を埋めて、Hゴムを再塗装しました。
こちらも窓周りの精密間がアップして良い感じです!
プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR