FC2ブログ

LeosoundlabのTaurusサウンドを載せてみました

念願のLeosoundLab製サウンドデータの載ったTaurus用デコーダーを入手しました。
既成のES64U2形Taurusのサウンドデータは、特徴的な起動時・停止時の音階は再現されていますが、それ以上は再現されていない物しか無く、やはり不自然な走行音に満足できませんでした。
今回入手したLeosoundは、走行音全域が再現されているので、数あるTaurusのサウンドデータの中では一番良い出来かと思います。

現在Leosoundを取り扱っているのは、オーストリアのmemobaという模型店のみですが、デコーダー購入と同時にLeosoundのインストールをメールで希望すれば、サウンドデータをインストールした状態で発送してくれます。
価格はデコーダーの値段+Leosoundのインストール費用約30€+日本への送料になります。

今回は所有する機関車に合わせ、ESU Loksound4.0 M4 8pin Art.Nr64400にインストールを依頼しました。
IMG_1727.jpg

以下が搭載した状態です。
当初スピーカーはデコーダー付属の物を使用する予定でしたが、オマケでシュガーキューブスピーカーが2個もサービスされて付いてきたので、折角なのでシュガーキューブスピーカーを2個接続してあります。
付属のスピーカーに比べ、音量音質とも充分過ぎる程で、むしろ少し音量を下げる必要がありそうです。
IMG_1725.jpg

今回は走行系のCV値を弄らなくても、そのままポン付けで動きとサウンドが同調しました。
IMG_2264.jpg

テスト走行の様子です。

DB Schenker Rail Deutschland AG BR225 (FLEISCHMANN 424072)

FLEISCHMANNがSpurHOから撤退するニュースは記憶に新しいかと思いますが、今回はFLEISCHMANNのBR225を紹介します。
実車は旧ドイツ連邦鉄道のV160シリーズのうちBR215として製造された機体がベースになっています。
東西ドイツ鉄道統合後、DB Regioに引き継がれたBR215の一部がDB Cargoへ売却され、その際必要無くなった客車用暖房装置を撤去し、BR225に改番されました。
一部BR218から編入された車両も含め総数は74両ですが、現在ではDBでの運用はほぼ終了し、民間貨物会社へ売却された車両が貨物列車の牽引に使用されています。
出力1840Kw、最高速度は140Km/h。

模型はFLEISCHMANNの2016年ロット、機番099号機、二線式DCCサウンド仕様です。
FLEISCHMANNブランドですが完全にRocoのOEM品で、台車のギアカバーにFLEISCHMANNの刻印が打ってある以外は、RocoのV160シリーズと変わりありません。
金型リニューアル後のRoco製のため非常に良い出来ですが、エッチング製ワイパー等は非常に繊細で取扱いに注意が必要です。
IMG_2313.jpg

サウンドもなかなか良い出来で、V160シリーズの特徴を良く捉えてありますが、音のファンクションは少な目です。
所属表記はDB Schenker Rail Deutschland AG Halleとなっており、旧西ドイツ機ですが旧東ドイツエリアで活躍したようです。
現在実機の099号機は、ハノーバーに拠点を持つ貨物輸送会社BBL Logistik GmbHに売却され、オレンジ色一色の塗装で活躍しています。
IMG_2314.jpg

PKP ST44 Gagarin (PIKO 52805)

2018年末に、PIKOより満を持してTaigatrommelがフルリニューアルされました。
今回入手したのはPKP ST44 613 Ep.Ⅳ/Ⅴ、二線式DCCサウンド仕様になります。

実車の613号機は2005年まで前面の黄色い警戒色が入っており、その後緑一色塗装に変更され、さらに更新工事を受け現在ではST44 1208号機としてPKP Cargoカラーで活躍しているようです。
従って模型は1980年代頃~2005年までの姿となります。

流石にフルリニューアルされただけに、Roco製の物よりも細かい点で良く出来ていますが、シンプルな車体ゆえに設計の古いRoco製の物と並べてもさほど違和感はありません。
Roco製のST44との比較はまた時間のある時にでもアップしたいと思います。
IMG_2310.jpg

動力ユニットは、現行のPIKOのスタンダードな物で特に目新しい点はありません。
サウンドデコーダーはESUのOEMではなくオリジナルの物のようです。
肝心のサウンドですが、これが非常に残念な出来で、アイドリング→エンジンの吹き上がりの音の繋ぎが非常に不自然です。
また走行中音が途切れてしまう現象も頻発し、今回もESU4.0サウンドデコーダーに換装する事にしました。
IMG_2311.jpg

サウンドは残念な出来ですが、車体は非常に良い出来なので、今後のバリエーション展開に期待したいと思います。
プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR