FC2ブログ

DB Schenker Rail Deutschland AG BR232 Ludmilla (Roco 51288-1)

旧東ドイツ国鉄の代表的なディーゼル機関車、Ludmillaの現行仕様を紹介します。
PIKO製の東ドイツ仕様はこちらで紹介していますので、あわせてご覧ください。

模型はRocoの2017年製で、品番51288のスターターセットに付属する機関車のみ入手したものです。
機番は426号機、正面の警戒帯にDBロゴの無い2008年頃以降の姿を再現したものです。
実機の426号機は1976年製、民営化後DBAGに引き継がれ、1998年以降はDB Cargo→DB Schenker→DB Cargo Deutschland所属で、主に貨物列車の牽引に活躍しました。
残念ながら今年2018年の6月に使用停止されてしまいましたが、今後廃車されるのか、譲渡されるのかは不明です。
ちなみに、この正面警戒帯にDBロゴの無いBR232は、DB Schenker RomaniaやGYSEVにも所属しており、ルーマニアやハンガリーでも見ることができます。
IMG_2252.jpg

模型はアナログ機ですが、新しいロットなのでPlux16kコネクタやスピーカー設置スペースが準備されており、簡単にDCCサウンド化することができます。
現在この機関車用に、ESUのLokSound V4.0デコーダーを発注しており、サウンド化する予定です。
IMG_2232.jpg

2018.12.11追記
PIKOSoundのBR132用サウンドデコーダー(ESU Loksound4.0 OEM Plux22コネクタ)を入手できましたので、今回はそちらを使用してサウンド化しました。
機関車側コネクタが16pinなので、一部ファンクションが無効になってしまいますが、PIKOSoundのBR132はかなりリアルなので、お気に入りです。
時間のあるときにサウンドを公開します。

個人的にオススメするBR232の前面展望動画です。
特徴的な音もしっかりと入っています。
プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR