FC2ブログ

念願のLudmillaサウンド仕様を購入

前回注文したRoco Art-Nr.72225に引き続き、東ドイツ国鉄BR132形のサウンド仕様を注文しました。
通称Ludmillaと呼ばれるこの電気式ディーゼル機関車ですが、独特な外観から好き嫌いが分かれるかと思いますが、私は欧州形ディーゼル機関車の中では一番好きな形式です。
SpurNでは形の古いBRAWA製かオーバースケールのMINITRIX製しか選択肢が無かったのですが、SpurHOではRoco TRIX PIKO BRAWA ESUから製品化されており、選択に迷うところです。

だいぶ前から、各社のBR132を比較し購入するモデルを絞り込み、結果今回はPIKO Art-Nr.52766を選択しました。
各社のBR132を比較してみると、特に前面の表現にそれぞれ特徴があり、私の主観では一番実車に近いのがPIKO製(ESU製もかなり良いのですが)だと感じました。

以下はPIKO公式プロモーション動画です。

↓こちらの動画で、サウンドを聞くことができます。


サウンドについては文句無しの良い出来ですね。
実車同様エンジン起動時に前照灯と室内灯が一瞬暗くなるギミックも備わっています。

肝心の現物がまだ届いていませんので、届き次第詳細を書きたいと思います。

SpurHOを始めます

永らくSpurN専門でやってきましたが、欧州形をSpurNで続けるにあたり限界を感じてきたので、この度SpurHOを始めることにしました。
特に私の好きな東ドイツ・ポーランド・チェコスロバキア等の車両は圧倒的にSpurHOの方が充実していますし、値段もSpurNとさほど変わらないことから、決断に至りました。
今後SpurNについては継続していきますが、今までよりは更新頻度は下がるかと思います。
またSpurHOについては、当面はDR・PKP・CSDのEp.Ⅳ以降に限定して収集する予定です。


さて、最初に発注した車両はRocoのBR52.80形です。
SpurNでもMINITRIX製の物を所有していますが、私の一番好きな欧州形蒸機です。
今回購入した物はDC仕様、Soundバージョンになります。SpurNではアナログメインでしたが、SpurHOは2線式のDCC対応を予定しています。

レール等も一から揃えなければなりませんが、入手性や手持ちのコントローラーの互換性等も考え、KATO製道床付レールにしようかと思います。
しばらくは手探り状態ですが、今後もよろしくお願いします。
プロフィール

Scheveningen@JPN

Author:Scheveningen@JPN
出戻りHOゲージャーの二児のパパです。
当面の目標は、自宅にレイアウトを敷設すること。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR